不動産売却するために

不動産を売却するには、買主と売主が合意の上に売買契約を結ぶ必要がありますが、その時に必要な書類についてご存知ですか?不動産売却に興味があるという方はこれから紹介する書類一覧をチェックしておきましょう。

契約時に用意する書類一覧

  • 本人確認書類
  • 実印
  • 印鑑証明書
  • 登記済証
  • 管理規約書
  • 建築協定書
  • 固定資産税納付書
  • 印紙代
  • 仲介手数料の半金

不動産取引のススメ

バブル時代より「不動産取引」は多くの投資家達から選ばれている投資方法です。しかし、いざ不動産取引を始めるとなると、専門的な知識やテクニックが必要で、投資初心者には難しいでしょう。そこで今回は、海外不動産の魅力やマンション売却のコツについてご紹介していきます。

海外不動産投資の魅力とメリットとは?投資を始める方に役立つ情報

空き部屋

人気の海外不動産

近年、国内の投資家達に注目されている「海外不動産投資」には、様々なメリットがあります。例えば、国内の不動産物件に比べて、基本的に利回りが高いということが一つとして挙げれます。また、海外不動産投資は通貨分散にもなるので、投資のリスクを軽減することも可能です。そのため、不動産投資の初心者にもオススメと言っても過言ではないです。

マンション売却のコツ

投資用マンションを売却するときには、委託する不動産会社を厳選しておきましょう。なぜ、不動産会社を厳選する必要があるのかと言うと、各不動産会社ごとに査定金額や売却方法が異なるからです。実際に複数の不動産会社を比較してみると、その条件はかなり異なります。信頼できる不動産会社ということは当然こと、投資マンションの売却実績が豊富なところを選ぶべきです。

不動産売却時の契約にも注意

不動産会社との契約には、「一般的触媒契約」「専任触媒契約」「専属専任触媒契約」の三種類のいずれかを結ぶ必要があります。一見、どれも変わらないのでは?と思うかもしれませんが、その契約内容はそれぞれで異なります。不動産売却なら専任触媒契約を選ぶことをオススメします。専任触媒契約なら複数の不動産会社と契約は結べませんが、その代わりに他の方の不動産よりも積極的に売却活動を行ってくれます。

[PR]
賃貸保証会社のサービスが凄い♪
経営の負担を軽減しよう!

不動産投資の関するQ&A

不動産投資のメリットは何ですか?

不動産投資のメリットはいくつかありますが、「収益が長期に渡り、安定的に得られる」「所得税や相続税が安く、節税効果が高い」といったことが代表的です。

逆に不動産投資のデメリットは?

不動産は購入する物件にもよりますが、基本的にまとまったお金が必要になります。用意する資金がない場合、借り入れも必要になりますので、長年返済・利払い負担に追われる可能性もあります。

不動産投資で気を付けるべきことは?

不動産投資で良くありがちなことが、利回りの高さを追及し過ぎて、相場以上の値段設定をしてしまうことです。利回りの高さは収益に関係する大事なポイントですが、赤字にならないことが大前提です。

不動産物件は新築物件がオススメって本当?

確かに新築物件は中古物件に比べて、その価値が緩やかなに減少する傾向にあり、突然値下がりすることはほぼありません。そのため、資産に余裕がある場合には、新築物件を選ぶというものありです。

不動産を売却するときには地盤調査も必要?

現在、不動産取引される多くの方が地盤調査報告書の提出を求めてきます。もちろん、必ず必要というわけではありませんが、ご自身とお相手が安心して取引するためには、用意する方が無難でしょう。

広告募集中