安定収入が得られる収益物件|必要な知識を得て成功へ導く

家を賃貸に出す時の注意点

内観

海外出張や転勤で家を空ける場合、空き家の放置すると住宅が劣化します。そのような時はリロケーションが便利です。不動産屋などに仲介してもらって、期間限定で賃貸に出すのです。その時に大事なのは仲介してくれる会社の選び方です。家賃滞納や住宅の修理や修繕を保証してくれる所を選ぶことが必要です。

もっと読む

不動産投資の物件選択

家とお金

不動産投資を行い家賃収入を得るためには入居者の確保が必要ですが、最初から収入があるような家賃保証物件が人気の購入方法の一つです。また自分で収益物件を建てるときには、管理会社を探して契約を行ないましょう。

もっと読む

投資手段を考えよう

スーツのメンズ

10万円でも始められます

中古ワンルームマンションなどの収益物件を購入して安定収入を得ようと考えているのであれば、上場不動産投資信託を保有して分配金収入を得ることを考えてみましょう。上場不動産投資信託はマンションやオフィスビルなどの収益物件を保有して、賃貸経営を行う投資商品です。実際の運営は運用会社が行います。投資主は資金を拠出し、分配金を受け取ること以外にほとんどやることはありません。上場不動産投資信託の魅力は少額からでも投資をすることが出来るということです。収益物件の中で比較的手掛けやすい中古ワンルームマンションの場合でも、100万円から200万円程度の頭金が必要となる場合があります。上場不動産投資信託であれば数十万円程度で始めることが出来ます。

更なる上昇が期待できます

最近では、この上場不動産投資信託に新たな追い風が吹き始めています。それはマイナス金利の導入です。上場不動産投資信託のほとんどの銘柄は、総資産の50%程度を借り入れによって賄っています。マイナス金利の導入により、借入金利が下がることが期待されており、多額の借入をしている上場不動産投資信託にも大きな恩恵があるとみられているのです。マイナス金利導入が発表された後には、上場不動産投資信託の投資口価格はすでにじわじわと上昇を始めました。今後、マイナス金利幅がさらに拡大すれば、投資口価格がますます上昇する可能性もあります。収益物件を選別するノウハウを持ち合わせている上場不動産投資信託は、個人で直接投資をするよりも収益を安定させることが出来ます。

勉強方法はいろいろある

講義

不動産投資セミナーは投資のプロや成功者が有益な情報を提供してくれるので利用するべきです。また、セミナーだけでなく懇親会も参加してください。懇親会でも情報がゲットできますし、不動産投資の友人を作ることができます。

もっと読む