安定収入が得られる収益物件|必要な知識を得て成功へ導く

家を賃貸に出す時の注意点

内観

出張や転勤の時の利用方法

海外出張や転勤などで家を空けることになった時、そのままにしておくと住宅は劣化しやすくなります。人が暮らすことによって住宅は輝きを増すのです。一時的な出張や転勤の場合は売却することもできません。そのような時はリロケーションに出すという工夫が必要です。リロケーションというのは一時的に住宅を賃貸に出すという方法で、仲介する業者に委託するのが一般的です。この時に重要なのが仲介業者の選び方です。ネット上にはリロケーションの比較サイトがあるので、それを利用して適切な仲介会社を選ぶことができます。工夫によってはリロケーションに出すことによって確実な収益を上げることも可能です。例えば家賃保証システムを採用している仲介会社を選べば、家賃滞納や転貸借の時なども安心して任せられます。

仲介する業者の選び方

リロケーションの特徴は期限付きで貸すことができるという点です。海外出張や転勤の状況によって賃貸期限を決めることができます。例えば出張や転勤期間が決まっている場合など、3年後の3月までなどのように希望期間を決めて貸し出すことができます。また仲介会社によっては急な帰国などに対処してくれるところもあります。そのような時は自社の管理物件などを優先的に案内してくれます。重要なのはそういったケースの時に、敷金や礼金や仲介手数料がかからないという点です。リロケーションに出す場合、そのような点を確認しておくことが必要です。また賃貸中に入居者が住宅を破損したり汚した場合の修理や修繕費用を肩代わりしてくれるかどうかを、事前に確認することも大事です。