新しい民泊サービス!リロケーションの特徴とメリット

新しい民泊サービス!リロケーションの特徴とメリット

リフォーム

リロケーションって何?

転勤や単身赴任などの理由で、一時的に家を空けることになれば、家を売却することを考えるはずです。しかし、当然こと、家を売りたくないという方もいらっしゃいます。そんな方にオススメできるのがリロケーションです。リロケーションは「住宅や空き部屋を貸したい人が物件を借りたい人に一定期間貸し出すサービス」になります。

リロケーションの始まり

そもそもリロケーションが始まった理由としては、定期借契約と呼ばれる賃貸借契約が大きく関係しています。以前では、空き家活用としての借地借家法は借主の保護の性質が強く、1時期だけ家を貸したいというニーズに対して、最適な法設備がされていませんでした。しかし、現在、定期借契約が可能になり、貸主にとって有利な条件で契約を結ぶことができるようになっています。そのため、リロケーションが急激に広まるようになったのです。

リロケーションのメリット

リロケーションは空き家、空き部屋にしている間を入居者に利用してもらうことで、転勤や単身赴任の期間に家賃収入を得ることが可能です。また、空き家・空き部屋として放置すると、管理状況や空き巣被害の心配もあります。しかし、その点リロケーションなら入居者に管理を任せることができるので、安心です。契約自体も定期借契約なので、貸主と借主の合意する期間が満了すれば、自宅に戻ることが可能です。

リロケーション会社に委託する

リロケーションは自身でサイトを活用することで、物件を掲載することが可能ですが、なるべくリロケーション会社に委託した方がいいです。その理由としては、リロケーション中で借主とのトラブルが発生するケースが多いからです。リロケーション会社に委託しておけば、万が一借主とトラブルに発展しそうになっても、ご自身の代わりに対応してくれます。もちろん、手数料は発生しますが、トラブル防止のためにもリロケーション会社を利用するべきでしょう。

リロケーションを依頼するときの流れ

リロケーション会社に相談する

リロケーションを利用して物件を貸し出す場合、まずはリロケーション会社で物件登録していきます。リロケーション会社の担当者に渡された書類に物件情報を記載し、今後の流れを聞いておきましょう。

細かい賃貸条件を決める

家賃、敷金、礼金といった細かい賃貸条件を担当者の方一緒に決めていきます。ご自身の希望する賃料を提示することは大切ですが、なるべく入居者が優良だと思える条件を提案しましょう。

業務委託契約を結ぶ

リロケーション会社との業務委託契約を結びます。支払い方法や支払うべき手数料を確認し、契約での条件を再度見直しましょう。また、トラブル時のマニュアルも確認しておくべきです。

入居者の募集・契約まで

業務委託契約を結べば、後はリロケーション会社の方が入居者の募集から契約まで、代行してくれます。入居者が決まれば連絡がきますので、その時には時間を作り、電話またはメールで応じるようにしましょう。

広告募集中